働き方を知る

研修制度

研修制度

社会人としての基礎を築き、
森トラストグループ全体を
見渡す視点を養う

森トラストの新人研修は、社会人としての成長を促すものから、各事業についての理解、知識の習得を目的としたものまで、1年間の充実したプログラムになっています。
また、仕事を通じてトレーニングを行うOJTを実施しており、成長目標を明確にしながら、組織をあげた人財育成を行っています。
さらに、若手社員数名で「新人インストラクター」を結成し、新人の日頃の相談に乗ったり、独自に研修プログラムを作成・実施したりすることで、新人とともに若手社員の成長も図っています。

導入研修 (4月~5月)

森トラストでは、入社から配属までの間に、会社の仕組や不動産の基本的な知識、また社会人としてのマナーなど幅広い分野について研修を行います。

  • 部門演習

    配属前に各部門の業務内容を理解するために、実際に働く若手社員が講師になり、業務紹介、演習を行います。
    (物件調査、採算計算、賃貸ビル見学、エリア調査、震災対策 等)
    全ての部門の研修を終えると、森トラストの会社の仕組はもちろんのこと、その他業務上必要な基本的な知識やスキルが習得されています。
    部門演習
  • ラフォーレ修善寺視察

    森トラストグループのホテル&リゾート事業の原点とも言えるラフォーレ修善寺の視察を行います。ホテル、チャペル、温泉、テニスコート、ゴルフ場等を併設した総合リゾートホテルの視察を行うことは、ホテル&リゾート事業への理解が深まるだけでなく、森トラストグループの歴史を学ぶことに繋がります。

    ラフォーレ修善寺視察 ラフォーレ修善寺視察
  • マナー研修

    社会人としての必要不可欠なマナー(電話応対や名刺交換など)をロールプレイング方式で実践的に身につけます。

事業研修 (6月~9月)

森トラストの最も特徴的な研修です。
森トラストの主要事業について、先輩社員が日頃の業務から得た経験や知識をもとにし、より実践的な講義・実習を行います。

  • 不動産事業研修

    不動産事業の全ての分野(企画・設計・営業・管理)についての知識を習得します。専門や配属部署に関わらず、当社の行う不動産事業を総合的に学習する研修となっています。
    また、オフィス移転を望むお客様に、森トラストのオフィスビルがどの様に提案されているのかを学ぶ営業同行研修や、オフィスビルが日々どの様に管理・運営されているのかを学ぶビル実習も不動産事業研修のカリキュラムの一環となっています。
    森トラストの不動産事業について

    不動産事業研修
  • ホテル&リゾート事業研修

    森トラストでは、都心の一等地と、日本の主要なリゾート地を厳選して、開発・経営・運営・投資・提携・誘致など、多様な手法でホテル事業を展開しています。ホテル&リゾート事業研修では、それぞれの手法についての講義や現場実習を行い、森トラストグループのホテル事業について理解を深めます。
    森トラストのホテル&リゾート事業について

    ホテル&リゾート事業研修 ホテル&リゾート事業研修
  • 投資事業研修

    投資概論から始まり不動産証券化に至るまで、各投資手法や評価方法について演習等も織り交ぜながら講義を行います。
    森トラストの投資事業について

  • 財務研修

    財務諸表(B/S、P/L、C/S)、連結決算といった財務・会計の基礎的知識を習得します。

  • 法務研修

    不動産事業を行う上で不可欠な法務知識を実際の契約書や事例を用いて学びます。

(事例演習) 都市開発シミュレーション (11月~12月)

1年間の新人研修で習得した知識を活用し、オフィス・住宅・ホテル・店舗などの用途を組み込んだ都市開発のシミュレーションを行い、先輩社員の前でプレゼンします。グループによる作業のため、新人間の絆が深まるとともに、先輩社員からも熱い講評や温かいエールが送られます。

  • 都市開発シミュレーション 都市開発シミュレーション 都市開発シミュレーション

資格取得研修 (5月~10月)

新人の間に知識を習得すると共に、資格を取得します。

  • 宅地建物取引士

    不動産取引の基本的かつ必須の知識を習得し、宅地建物取引士の資格を取得します。

  • 日商簿記検定

    簿記の基本的な仕組みを理解し、日商簿記検定3級を取得します。

先輩社員によるフォロー

また、当社では、人事部とともに、若手の先輩社員が主体的に新人教育に関わり、新人社員の社内外での生活をフォローします。