働き方を知る

人事制度

人事制度

働きやすい環境づくり

森トラストでは、社員それぞれが持つ能力を最大限に発揮できるよう、ワークライフバランスに配慮し、働きやすい環境づくりに努めています。仕事と家庭生活の両立を重視し、男性女性ともに取得可能な「制度の導入」と「職場の環境づくり」を行っています。
そのため、法定以上の制度を多く設けることで、生活と仕事のバランスを保ちながら個々の事情に応じて働けるようにしました。

ワークライフバランスに配慮した制度

①母性健康管理の為の休暇・勤務制限
~休暇~
妊娠中の女性が、(健康診査を受けるための)通院日に取得できる特別休暇です。

~時間外勤務・休日出勤の制限~
妊娠中の女性は、時間外勤務(残業)や休日出勤を制限することができます。
②配偶者出産休暇
配偶者が出産した場合に、3日間取得することができる特別休暇です。
③産前・産後休業
働く女性が出産の前後に取得することできる休業です。
森トラストでも、法定通り、産前6週間、産後8週間の休業を取得することができます。
④育児休業
森トラストでは、「パパママ育児休業プラス」制度(法定)を導入しています。また社員の働き方、昨今の保育園入園事情等を鑑みて、育児休業期間につき法定以上の制度を設けており、必要に応じて子どもが2歳を迎える年度の翌年4月30日まで取得することができます。
⑤育児時間
森トラストでは、子どもの養育を目的とした法定以上のさまざまな勤務制度があります。

~短時間勤務制度~
子どもが小学校3年生まで、最大で1時間45分勤務時間を短縮することができます。(子どもが1歳未満の場合は、最大2時間45分勤務時間を短縮することができます)

~スライド勤務制度~
子どもが小学校3年生まで、始業および終業時刻を30分繰上げ・繰下げすることができます。

~時間外勤務・休日出勤の制限~
子どもが小学校入学前まで、時間外勤務(残業)や休日出勤を制限することができます。
⑥看護休暇
子どもの看護を目的として、子どもが小学校入学前まで、年間で5日間取得できる特別休暇です。
⑦介護休業
仕事と介護の両立を支援するために、森トラストでは法令を上回る制度を整え、対象家族1人につき、通算1年分の介護休業を取得することができます。
休暇リスト

~子育てサポート企業~

くるみん

次世代認定マーク「くるみん」取得
2015年7月14日付で東京労働局より次世代育成支援対策推進法第13条に基づく基準適合一般事業主として認定を受け、次世代認定マーク「くるみん」使用企業に認定されました。

制度を活用しやすい社風

森トラストでは、多様な社員を尊重し、心身ともに健康的なビジネスライフを送るための職場環境を整えています。

人事制度などは、仕組みがあっても活用できる機会がなくては意味がありません。森トラストでは、社員間でよくコミュニケーションをとり、常に業務を把握しあいながら仕事を進めています。
制度を理解する社風もあって、有給休暇取得日数は平均14.5日となっています。

また、近年、出産した社員の育児休業率および復職率は100%となっており、仕事と育児を両立するための最適な職場環境を整えています。

有休取得日数
14.5
育児休業率および復職率
100% (総合職女性社員)